本文へスキップ

Kanagawa Prefectural Asao Sogo High School

授業内容CLASS & LESSON

ガイダンス科目とは?

イメージ写真・発芽

麻生総合高校では普通科目や選択科目に加えて、生徒が自らを見つめ、自分の将来について考えるための学びの場を用意しています。

これらは「ガイダンス科目」と呼ばれ、1年次の「産業社会と人間」から始まり、2年次・3年次の「総合的な学習の時間」へと続きます。 本校では3年次の「総合的な学習の時間」は「課題研究」と呼んでいます。

ガイダンス科目は必履修科目で、自分の特徴や適性を知ると共に、 社会を幅広く見つめることで自らが進路を選択する力を養うのに役立ちます。 高校での学習は次の人生への通過点。麻生総合高校はそう考えています。

1年次のガイダンス科目「産業社会と人間」の授業は校内にとどまらず、養護学校や高齢者福祉施設への訪問、市民活動や地域活動への参加、異文化交流体験などを通じて行われます。本校では、これを体験授業と呼んでいます。

平成23年度は、15箇所の施設・団体などで体験授業が行われました。次ページ以降では、その中より市民活動「向ヶ丘遊園の緑を守り、市民いこいの場を求める会」との交流と、高齢者福祉施設「金井原苑(かないばらえん)」への訪問をご紹介します。