本文へスキップ

Kanagawa Prefectural Asao Sogo High School

学校についてABOUT US

学校長からのごあいさつ


神奈川県立麻生総合高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 本校は、緑と澄んだ空気と小鳥のさえずりに囲まれた多摩丘陵の地に、平成16年4月、県立柿生高等学校と県立柿生西高等学校が再編統合し、総合学科高校として誕生、今年度創設13年目を迎えます。
 私は、平成27年4月、第五代校長として着任いたしました、大塚和弘でございます。よろしくお願いいたします。
 さて、本校は創立以来、教育目標「心豊かに主体的・創造的に生きるための資質や能力を確実に身に付け、社会生活においてそれらを最大限に活用して自己を取り巻く環境に柔軟に対応し、豊かな生活を送ることができる人間を育成する」を掲げ、保護者、地域、近隣の学校、企業の方々他、多くの皆様のご支援を賜り、明日の日本を支えるこども達の育成に、日々邁進しております。
 本校は、共通教科・科目を中心に学ぶ「普通科」と、工業、商業などに関する専門教科・科目を学ぶ「専門学科」を融合し、高校生として必ず学ぶ共通必履修科目のほか、共通教科・科目と専門教科・科目に渡る幅広い選択科目を置き、興味関心の伸長から自己の適性を見出し、進路実現へ向け主体的に科目選択を行うことができる「単位制 総合学科」として設置されました。
 本校の特色は、ガイダンス科目として1年次に「産業社会と人間」により社会観、職業観を醸成し、2・3年次では、総合的な学習の時間「総合学習」「課題研究」により漠然とした将来の「夢」を「現実」へ結びつけるための手立てや、プレゼンを通して上手に自己表現を行い相手に伝える力を身に付けていきます。加えて、商業、農業、福祉、環境、国際等の幅広い教科・科目から自主的に選択することにより、迷い、悩み、考え、体験しながら3年間を通して進路実現へ向け学習できる教育課程となっております。
 教科外活動においても、学校行事、委員会活動、部活動をはじめ、地域貢献活動や夏季連携講座による体験学習、技能審査(検定)の取得など様々な取組から、生徒の主体性を引き出し無限大の可能性を伸ばす機会を数多く設けております。
 「輝け! Only One 豊かな学びが、きみをはぐくむ」をキャッチフレーズに、生徒の夢実現とともに保護者、地域の皆様の期待に応える学校として、前進し続けたいと思います。また本校職員一同、「健康第一」をモットーとし、生徒も職員も保護者も地域の皆さまにも、元気で明るく笑顔の絶えない地域の発信源となるよう努めてまいりますので、ご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

校長 大塚 和弘


     

神奈川県立麻生総合高等学校

〒215-0023
川崎市麻生区片平1778

TEL 044(987)1750
FAX 044(989)6074